ワーナーブラザースディスカバリー’22年2Q決算(2022/8)

はじめに

2022年8月4日(木)の米国市場閉場後に自分が所有しているワーナーブラザース・ディスカバリー(WBD)の決算発表があった。

決算発表後から時間外取引で大きく値を下げ翌日5日(金)の閉場後も

値を戻すことなく15%を超える急落となった。

以下気は進まないが決算内容を確認し、株価急落の原因について整理しておくことにする。


ワーナーブラザース・ディスカバリー2022年第2四半期決算概要

以下の内容は、ワーナーブラザース・ディスカバリーの企業サイトより引用・抜粋。

  • 2022年第2四半期の総売上高(Total Revenues)は98億2700万ドル、前年同期は30億6200万ドル

今回は調整後一株当たり利益(Adusted Earnings Per Share)は提供されず。

損益(Net (Loss)Income)として無形資産償却費用約20億ドル、再編などの費用約10億ドル、統合費用9億8300万ドルなどを含む34億800万ドルの損失を計上している。

事業部別業績

プロフォーマ調整はワーナーブラザース・ディスカバリー設立前の2022年4月8日までのAT&T傘下時のワーナーメディア事業であったため比較可能な様に実施。

【スタジオ部門】

プロフォーマベースでの売上は前年比4%増、費用は前年比6%増、Adjusted EBITDAはほぼ変わらず。

【ネットワーク事業】

プロフォーマベースでの売上は前年比1%増、費用は前年比14%増、Adjusted EBITDAは11%減。主にスポーツ放映権価格が費用を押し上げている。

【DTC事業】

プロフォーマベースでの売上は前年比4%増、費用は前年比33%増、Adjusted EBITDAはマイナス幅が倍に拡大。主に番組制作費用や既存及び新規マーケットへのインフラ投資が費用を押し上げている。

DTC加入者数

今四半期から加入者数の定義が変更されており、それに従って以前の数値も変更されている。

  • 有料ストリーミング加入者の総数は今四半期170万増加し合計9210万
  • 2023年夏にHBO MaxとDiscovery+が統合される予定
  • より多くの顧客をプラットフォームに引き付ける方法として無料の広告付きストリーミングサービスを検討

2022年見通し

2022年第3四半期の見通しは無し。通期見通しに関してはEBITDAとフリーキャッシュフローの見通しを提供している。

  • 2022年のプロフォーマEBITDA見通しは90億ドル~95億ドル(以前は100億ドル)
  • 2023年のプロフォーマEBITDA見通しは120億ドル(以前は140億ドル)
  • 2022年のフリーキャッシュフロー見通しは~30億ドル

アナリストとのカンファレンスコールでは以下の様に説明されている。

  • DTC部門のEBITDA損失のピークは今年2022年に発生すると想定しています。これは、来年の夏から始まるHBO MaxとDiscovery+の統合計画に先立ちテクノロジー、人員、など各種統合に関する作業が発生するためです
  • 米国のストリーミング事業が2024 年に利益を上げ、グローバルストリーミングセグメントが2025年までにEBITDAで10億ドルを生み出すことを目標にしています
  • 2025年の世界の加入者数は約1億3000万人と想定しています

市場予測との比較

今回の主な決算内容と市場予想とを比べてみると、

  • 2022年第2四半期の総売上高(Total Revenues)は98億2700万ドル、市場予想の118億3000万ドルを下回っている
  • 2022年第2四半期の希薄化後一株あたり利益(Diluted EPS)は提供無し、市場予想は0.12ドル

となっている。


まとめ

4月に設立されて単体では初めてとなるワーナーブラザース・ディスカバリーの2022年第2四半期決算を確認してみたが、売上は市場予想を約20億ドル下回り、損益も約34億ドルの赤字、提供された見通しも引き下げられるといいところが無かったので、これでは冒頭に挙げた急落も残念ながら止む無しだろう。

年初来のWBD株と市場(S&P 500)の推移を見てみると

ここ最近やや上昇傾向にあったWBDだが決算を受けての急落で年初来(設立調整済)の株価は40%近い下落となり、市場と比べてもかなりの低パフォーマンスとなっている。

2023年夏にHBO MaxとDiscovery+を統合して重複するコストを削減する方向なのだろうが、そのため2022年にEBITDA損失のピークが発生するとしており、2022年中の業績・株価回復は難しいのではないだろうか。

無配当銘柄なので自分の配当金生活に直接の影響は無いのだが、WBD株の扱いについては注意しておいた方がいいかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。